2017年度 宮城資料 ネット・ニュース    HOMEへ   

 2018年度へ 303号 303号 301号 300号 299号 298号 297号 296号 295号 294号 293号  292号 
 291号 290号 289号 288号 287号  286号   285号 (2016年度ネットニュース)

303号(2018年3月26日)

 歴史資料保全のボランティアを募集します

明日で今年度最後の作業となります。
みなさまには多大なご協力をいただいておりますこと感謝申しあげます。

次年度もひき続き下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。

4月より作業日が毎週月曜日に変更となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまのご参加をお待ちしております。


◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先  ご住所 電話/メール

◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
 □ 4月 9日(月) 10:30〜17:00
 □ 4月16日(月) 10:00〜17:00
 □ 4月23日(月) 10:00〜17:00
※4月2日、30日はお休みです。 4月9日のみ10:30より開始となります。

◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5階   (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。

◆申込・お問い合わせ
安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)


302号(2018年3月23日)
 
6月3日 宮城資料ネット講演会 「宮城資料ネットの15年をふりかえって
 
宮城資料ネットは、今年で発足15年を迎えます。関連して、6月3日に平川理事長による講演会を実施いたします。多くの方のご参加をよろしくお願いいたします。あわせまして、広報への御協力をよろしくお願い申し上げます。

○宮城資料ネット 講演会

平川新(宮城資料ネット理事長)

「宮城資料ネットの15年をふりかえって」

日時 2018年6月3日 日曜日 午後2時より

場所 東北大学川内南キャンパス  文学部第2講義室(下記URL C18)     

*東北大学川内南キャンパス案内(C)
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/areac.html

*東北大学川内キャンパス全体図
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/index.html



301 号(2018 年2 月22 日)

歴史資料保全のボランティアを募集します

 今年度もあとひと月となりました。
 3月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------
◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
ご住所
電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
□ 3 月 6 日(火) 10:00〜17:00
□ 3 月20 日(火) 10:00〜17:00
□ 3 月27 日(火) 10:00〜17:00
※3 月13 日はお休みです。
◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5 階
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服を
ご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。
◆申込・お問い合わせ
安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)


300 号(2018 年2 月20 日)

  「3.11」から7年を前に
 宮城資料ネット・ニュース 300 号によせて

 ニュースも、300 回目の発信となりました。この間のご支 援に、改めて御礼申し上げます。
本年は、宮城資料ネットが発足して15 年目となります。「3.11」の時点で、ニュースは95 号でした。その後の200 回を超える発信のほとんどが、災害対応の活動報告ということになります。この大災害の規模、活動がたどっている道のりの長さを、改めて感じさせられます。
 ここ1年ほどは、安定化処置ボランティアの募集案内が中心となっておりました。近況の発信がとどこっておりますことをお詫び申し上げます。一方で、7年近く経った現在でもなお、主な活動は文書の劣化を防止するための安定化処置である、ということでもあります。

 その主な担い手は、「3.11」から現在まで継続して従事していただいている、高齢者・女性を中心とする10 名ほどの市民ボランティアです。体力も根気も必要な作業ですが、7年もの長い間、協力していただいていることを改めて報告し、感謝申し上げます。
 また、長期休暇期間を中心に、各大学のゼミ単位での参加・協力もいただいております。合わせて感謝申し上げます。


 津波で被災した文書への対応は、ゆっくりとではありますが、進んでいます。ようやく、内陸部の被災先から救出した史料のクリーニング対応に入り始めました。一方、津波被災史料の中には、ボランティア対応では難しいものも残されています。様々な制約の中で、撮影、整理、さらに「活用」といった次の段階をどう行っていくか、課題は山積です。


 引き続きのご支援とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。  (佐藤大介 記)

299号(2018年1月30日)

   歴史資料保全のボランティアを募集します


2月は下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。
みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。 

◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先 ご住所 電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。

 □ 2月6日(火) 10:00〜17:00
 □ 2月13日(火) 10:00〜17:00
 □ 2月20日(火) 10:00〜17:00
 □ 2月27日(火) 10:00〜17:00

◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5階   (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)

◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。

◆申込・お問い合わせ
 安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)

 298号(2018年1月9日)

 2月10日・3月3日 石巻市での連続歴史講演会


宮城資料ネット事務局の佐藤大介です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回は、2月10日、3月3日に石巻市で開催予定の歴史講演会「よみがえる北上川の歴史」のご案内です。連続講座の4回目、5回目となります。

会場はいずれも石巻市河北総合センタービックバン・集いの部屋です。入場無料・申込不要です。


2月10日 土曜日 13時〜  片倉小十郎、北上川を歩く―新発見の紀行文「雲容水態」

【報告者】            
      佐藤大介(東北大学災害科学国際研究所)
      信太大樹・橋直道・畑江昭太・山田大樹・横山匡祐(東北大学日本史研究室学生)

【内容】
宮城県内の旧家から、白石の領主・片倉小十郎家の当主が、江戸時代の終わりに北上川河口などを遊覧した際の紀行文が見つかりました。その内容について紹介し、当時のようすについて見ていきます。


3月3日 土曜日 13時〜 仙台領長面塩田の開発

【報告者】
      佐藤大介(東北大学災害科学国際研究所)

【内容】
北上川河口の長面浦には、江戸時代の終わりから終戦直後までの約120年間操業した塩田がありました。江戸時代の古文書から、その創業された際の人々の取り組みについて見ていきます。


会場アクセス http://bb.igbs.or.jp/access.html


297号(2017年11月24日)

  歴史資料保全のボランティアを募集します

 今年も多くのみなさまには大変お世話になりました。来年も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。引き続きよろしくお願いいたします。ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。

みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。 


◆お名前

◆ご所属

◆ご連絡先 ご住所  電話/メール

◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。

 □ 1月16日(火) 10:00〜17:00

 □ 1月23日(火) 10:00〜17:00


※1月2日、9日、30日はお休みです。


◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5階   (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)

◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。


◆申込・お問い合わせ
 安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)

296号(2017年11月24日)

  歴史資料保全のボランティアを募集します

 今年もあと一月となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。12月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。

 みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。 

◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先 ご住所 電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。

 □ 12月12日(火) 10:00〜17:00
 □ 12月19日(火) 10:00〜17:00
 □ 12月26日(火) 10:00〜15:00
※12月5日はお休みです。 12月26日は15時までとなります。

◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5階  (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)

◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。

◆申込・お問い合わせ
 安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)

295 号(2017 年10 月26 日)

  歴史資料保全のボランティアを募集します

11月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。
みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------
◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
ご住所
電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
□ 11 月7 日(火) 10:00〜17:00
□ 11 月14 日(火) 10:00〜17:00
※11 月21 日、28 日はお休みです。
◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5 階 (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください

◆申込・お問い合わせ
安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)
 

294 号(2017 年9 月26 日)

  歴史資料保全のボランティアを募集します

仙台はすっかり秋となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。10月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。
みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------
◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
ご住所
電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
□ 10 月3 日(火) 10:00〜17:00
□ 10 月17 日(火) 10:00〜17:00
□ 10 月24 日(火) 10:00〜17:00
※10 月10 日、31 日はお休みです。
◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5 階 (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。
◆申込・お問い合わせ
安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org  (☆=@)

<事務局・連絡先>
NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク 980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468−1
東北大学災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 歴史資料保存研究分野 気付
電話 022-752-2142/2143


293 号(2017 年8 月25 日)

 歴史資料保全のボランティアを募集します

9月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。
9月より作業日が毎週火曜日に変更となります。
みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------
◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
ご住所
電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
□ 9 月12 日(火) 10:00〜17:00
□ 9 月19 日(火) 10:00〜17:00
□ 9 月26 日(火) 10:00〜17:00
※9 月5 日はお休みです。
◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5 階
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服を
ご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。
◆申込・お問い合わせ
安田 022-752−2142(Fax)
office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@) 
<事務局・連絡先>
NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468−1
東北大学災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 歴史資料保存研究分野 気付
電話 022-752-2142/2143

292 号(2017 年7 月25 日)

 歴史資料保全のボランティアを募集します

8月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。
みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------
◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
ご住所
電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
□ 8 月 2 日(水) 10:00〜17:00
□ 8 月 9 日(水) 10:00〜17:00
□ 8 月23日(水) 10:00〜17:00
□ 8 月30日(水) 10:00〜17:00
※8 月16 日はお休みです。
◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5 階
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服を
ご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。
◆申込・お問い合わせ
安田 022-752−2142(Fax)
office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)

<事務局・連絡先>
NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468−1
東北大学災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 歴史資料保存研究分野 気付
電話 022-752-2142/2143


 第291 号(2017 年6 月28 日)


 歴史資料保全のボランティアを募集します

7月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。7月より担当が変わりますが、作業は今までの作業を継続して行っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。

みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------
◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
ご住所
電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
□ 7 月 5 日(水) 10:00〜17:00
□ 7 月12 日(水) 10:00〜17:00
□ 7 月19 日(水) 10:00〜17:00
□ 7 月26 日(水) 10:00〜17:00
◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5 階
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。
◆申込・お問い合わせ 安田 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)
 

 290号(2017年6月1日)

 2017年度通常総会・講演会のお知らせ(第2報)

 直前のご連絡となってしまいましたが、2017年度NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークの通常総会・講演会、および懇親会のご案内、第2報です。
 講演会については、会場の都合で事前申し込みとさせていただいております。FAX022-752-2142ないし office☆@miyagi-shiryounet.org (☆=@)までご連絡ください。

◇宮城資料ネット講演会「『歴史資料保全』の可能性―3.11から6年 宮城からの発信

・日程 6月17日土曜日 午後1時30分〜
・会場 PARM-CITY131 貸会議室 ANNEX 多目的ホール
 仙台市青葉区一番町3丁目1-16  http://tsuchiya-estate.com/20_palmcity/access/index.html

・講演 上山真知子(山形大学教授)
    「心理社会的支援としての歴史資料保全活動の意義」
    蝦名裕一(東北大学准教授・NPO法人理事)
    「史料保全と文理融合を両輪とする歴史災害研究へ」
  
◇2017年度宮城資料ネット通常総会
・日程 6月17日 午後4時〜
・会場 講演会と同じ

*懇親会
・会場 さくらキッチン 
 仙台市青葉区一番町1丁目14?8 東北大学片平キャンパス北門食堂1階 (東北大学片平キャンパス北門前)
 *会費 4000円
 *こちらも事前申し込みとなります。参加される方は、6月12日月曜日までに  事務局までメール、電話などでご連絡ください。

多くの皆様のご参加をよろしくお願いいたします。


  289号(2017年5月31日)

 歴史資料保全のボランティアを募集します

暑い日が続いておりますが、みなさま如何お過ごしでしょうか。6月も下記の通り被災歴史資料クリーニング作業を実施いたします。

ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。

みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。 

◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
 ご住所
 電話/メール

◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
 □ 6月14日(水) 10:00〜17:00 
 □ 6月21日(水) 10:00〜17:00
 □ 6月28日(水) 10:00〜17:00
  ※6月7日(水)はお休みです。

◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5階
      (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。

◆申込・お問い合わせ
天野 022-752−2142(Fax) office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)


<事務局・連絡先>
NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468−1
東北大学災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 歴史資料保存研究分野 気付
電話 022-752-2142/2143
メール office☆@miyagi-shiryounet.org (☆=@)

第288 号(2017 年5 月2 日)

   歴史資料保全のボランティアを募集します

5月も引き続き被災した歴史資料のクリーニング・整理作業を進めて参ります。今月の予定は下記の通り実施いたします。
ご関心のある方は、必要事項をご記入の上、メール・FAX・郵送のいずれかで、下記連絡先までお申し込みください。
みなさまのご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。
 
◆お名前
◆ご所属
◆ご連絡先
 ご住所
 電話/メール
◆ご希望日時 ※部分参加も可能です。
□ 5 月10 日(水) 10:00〜17:00
□ 5 月17 日(水) 10:00〜17:00
□ 5 月24 日(水)10:00〜17:00
□ 5 月31 日(水)10:00〜17:00
◆作業場所:東北大学災害科学国際研究所5 階
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
◆その他
・作業に必要な道具等(マスクなど)は準備しておりますが、汚れても良い服をご準備下さい。
・駐車場は利用できませんので、公共機関でお越しください。
◆申込・お問い合わせ
天野 022-752−2142(Fax)
office☆miyagi-shiryounet.org (☆=@)

<事務局・連絡先>
NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク
980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468−1
東北大学災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 歴史資料保存研究分野 気付
電話 022-752-2142/2143
メール office☆@miyagi-shiryounet.org (☆=@)

 287号(2017年4月11日)

    2017年度通常総会・講演会のお知らせ


2017年度の通常総会、および講演会につきまして、下記の日程で開催いたします。講演会についてはどなたでもご参加いただけます。会員の方には別途郵送にてご案内いたしますが、先ずは第一報としてご連絡いたします。多くの方のご参加をよろしくお願いいたします。

◇宮城資料ネット講演会「『歴史資料保全』の可能性―3.11から6年 宮城からの発信」

・日程 6月17日土曜日 午後1時〜
・会場 PARM-CITY131 貸会議室 ANNEX 多目的ホール
 仙台市青葉区一番町3丁目1-16
 http://tsuchiya-estate.com/20_palmcity/access/index.html


・講演 上山真知子(山形大学教授)
    「心理社会的支援としての歴史資料保全活動の意義」

    蝦名裕一(東北大学准教授・NPO法人理事)
    「史料保全と文理融合を両輪とする歴史災害研究へ」
  

◇2017年度宮城資料ネット通常総会
・日程 6月17日 午後4時〜

・会場 講演会と同じ


*終了後 懇親会を予定(会費4000円)



 286号(2017年4月6日)

  千葉県・白井市郷土資料館での被災古文書展示


4月1日より、千葉県・白井市郷土資料館にて開催されている、同館市民学芸スタッフ「古文書修補速報展」にて、石巻市北上町の3.11被災古文書が展示されています。会期は30日日曜日までです。多くの方に御覧いただければ幸甚です。問い合わせは白井市郷土資料館までお願いいたします。

https://www.center.shiroi.chiba.jp/kyoudo/exhibition.html


白井市郷土資料館では、元・宮内庁書陵部の横山謙次さんが指導する形で、市民学芸スタッフが、10年以上に渡り白井市および周辺地域の古文書の補修を行っています。3.11後、同館からの支援申し出を受け、石巻市域で津波により被災した古文書の補修作業を依頼していました。今回の展示は、2015年12月に救出した古文書の一部に対する作業の成果になります。この支援も、震災から5年を経過して、支援の先細りを心配してくださった同館からの連絡がきっかけでした。継続的な支援に記して御礼申し上げます。

なお、これ以外の被災古文書の補修については、どのように実施するか、全くの未定です。あれから6年、歴史文化の「再生」は、長い道のりが続きます。


*参考 宮城資料ネット・ニュース258号
「遺されていた被災古文書」
http://www.miyagi-shiryounet.org/03/news/2015/2015.html#258



 ■以前のニュースへ 285号  (2016年度ネットニュース を見る )